パワム80000がなくなる?

KMさんのブログを拝見していたら貨車のパワム8000がなくなるとか
この貨車です
構内で入れ替えをするには扱い易かったです
車両右の白い取っ手につかまり、左手で手ブレーキを下ろすのですが
黒塗りのワムも同様扱いやすかったです
パワムは、衝撃に弱く、連結の際に強く当てると扉を閉めているらっち(?)が落ちやすかったようです
ラッチが落ちると封印が解け、扉があいてしまうのです。
昭和40年代にパレットごと、貨車に積めるということでかなりの車両数があったと思います
この貨車の大型ボギーの ワキ は扱いにくかったです
構内で扱いにくかったのは コキ や  タキ  そして ホキ の形式
JR貨物で  突放禁止 になっているようですが、当然でしょう
 列車掛として貨物列車の最後部に乗務していた時がありましたが
コキフの揺れは半端じゃなかったです。
怖いと感じたことも
 EF15がポイント通過の際、先端デッキからの揺れ=震動は心地良いものでしたが、、
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply